画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2017年11月30日

恋の憧れに条件で応えた予知夢

DSC00080.jpg

まずは夢本体を。
A【枯葉の中に白い猫が埋もれている。
前に見たときは餌を食べていた。
妹が「あの家には病気の猫がいるので行っちゃダメ」と云う。
けれど白い猫はどうなっているのかと確かめに行く。
死んでいるようだ。
白い猫の上に枯葉をかけて去る。】
この夢を聞いて、
本人はとても恋に憧れているようだと思いました。
猫は女性を表します。
その猫としての女性の部分が死んでしまっていると感じ、
その部分を生かしたいと、
この夢を見た本人が願っている現状が見て取れます。
霊性を重んじて生きるには、
女性と生まれたその女性であることを生きると決めることが大事です。
現代女性はそこがあやふやです。
女性を生きるには自分の体は女性だと受け入れ、
その女性の体をいたわり
その要求を大切にして生きることです。
しかしこの女性は、
若くもなく恋に傷つきながらなおも、
猫の部分を生かしたい、
つまり恋する相手が欲しいのです。
以前の恋が彼女にふさわしくなかったことは、
「あの家には病気の猫がいるので行っちゃダメ」と妹が言うので分かります。

そして夢は猫の死骸に枯葉をかぶせています。
この死んだ猫と枯葉は同じ意味に受け取るようにと夢が暗示しています。
枯葉は、
死と再生を意味し、
今までの体験を肥やしにして行きましょう。
心の中でこれまでの生き方を終わりにし、
新しい生き方を誕生させましょうということです。
体験を心の肥やしにし、
新たな自分を生れさせるプロセスを丁寧に歩んで行きましょうというのです。
これが死の行程です。
まずは、以前知っていた猫が死んでいることを確認します。
ここをこれまでの女性としての生き方は今後役に立たないと受け取ります。
これが心と体と魂レベルで死を受け入れることです。
今は新しい魂のあり方と心と体を手に入れていないので、
恋に向けて動けない自分を受け入れるところからこの行程は始めます。

実際に屍体は肥やしになるために腐敗を始めます。
これが体験を精査する行程です。
自分の問題と相手の問題を分けて考え、
自分の生き方のどの部分が問題になったのか、
洗い出しの作業がこれに当たります。
細かく反省吟味ができたら、
腐敗で解体が起き、
地水火風の働きで体の土台を作るための栄養素となっていきます。

夢では猫の死骸の上に枯葉が落ちています。
この状態で死骸が栄養素になるには、
雨や風に加えて雪にも晒され、
小動物や虫に喰われ、細菌やバクテリアに分解され、
骨はともかく土にかえるまで半年か1年ほどかかるでしょう。
そこに新しい自分のイメージの種をまくことができれば、
新しい自分に生まれ変わる可能性は十分あります。

そこで夢は以下のように続きます。

B【王様と威圧的な男がいる。
威圧的な男は元夫でわたしと喧嘩をしている。
そこでわたしはもう良いとそこを出る。
(場面変わって)王様と私と使用人の3人で朝食のテーブルにつく。
わたしの二人の娘は王様を「お父さま」と呼んでいる。
王様と一緒に生活して良いんだと思う。】

夢は、
「あなたが望むなら」とこの夢を見せてくれたのでしょう。
人生のパートナーが欲しい。
恋する人が欲しいというこの夢主の願いを、
夢は霊性の願いとして受け取ったようです。
あなたが自分の意志で元夫との自分に「ノー」と言えるなら、
あなたは将来一国一城の主たる人と縁ができるでしょうと。

猫が迎えるこれからの死の行程を丁寧にやりぬいて欲しいと願います。
この行程は早くて半年。
遅くも1年で終えられるかもしれません。
その時自分の意志をはっきり言える自分であることが条件です。



posted by バンナイ at 15:28 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年11月19日

蠍座新月後の今朝の夢

DSC09528.jpg
(季節外れの8月17日に咲く藤)

今朝Sex をしている夢を見ました。
相手は見知らぬ老紳士。
夢のSexには淫靡な意味はありません。
Sex の本当の神秘だけを伝えてくれます。
それを知っていても夢の余韻は強く、
体の熱は冷めず戸惑いを覚えています。

昨夜20時48分は蠍座新月だそうで、
この天体の運行と深く関わっているのでしょう。
この夢の恩寵は深く、
この夢を通じて、
「さらに仕事をしなさい」と伝えたいようです。
「はい喜んで」わたしの本心です。

まだまだ残るこの夢の静かな恍惚感は、
瞑想時の精妙な法悦に似ています。

勇気を持ってこの記事をお目にかけましょう。
同じような夢をご覧の方もおいででしょうから。




posted by バンナイ at 09:27 | Comment(0) | 夢の活用法

2017年11月12日

11月11日に行ったテープカット

DSC09680.jpg

昨日は11月11日。
11は二者の間の完全なバランスを示すと昔聞いたことがあり、
数秘の知識はないものの、
昨日のオープンクラスはとても感動的でした。

長いこと、夢はあの世の世界で起きることなので、
夢をターミナルケアに役立てたいと考えていたのですが、
それを現実化するのだと、
わたしとは別の方向から努力している方が受講生の中にいて、
その啓示を受ける夢を披露してくれました。

そしてもう一人は、
痩せた地にバラの花を育てたいと、
言葉にして言う夢。
さらにもう一人は弱ったバラの花を世話し育てている夢。
バラはこのお二人にとって「家族」を意味しているようでした。

「11」と言う数字は人と人との間のバランスをよりよく図る数字です。
そして「11」はそれをスタートさせる時を意味します。

昨日のオープンクラスでまたひとつ、
人生の晴れのテープカットを見た思いです。



posted by バンナイ at 09:27 | Comment(0) | グループセッション
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home