画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2018年04月15日

現在の天の鳥船庵夢療法家認定者をおしらせします。

DSC02897.jpg

天の鳥船庵では、
1年間のクローズクラスの後、
夢療法家養成講座を設け、
半年の夢による面談実習を経て、
最終試験を行っています。
ここで優秀な成績を収めて初めて、
夢療法家として活躍できる下地が整ったと認定しています。
これまでの認定者は下記の通りです。

天の鳥船庵夢療法家認定者
・4期(2013/4~9)
1:うえだ央幸
・6期(2014/4~9)
1:西森友紀子
2:長谷川雅江
・7期(2014/10~2015/3)
1:石井優美
2:飯田佳恵 
・9期(2015/10-2016/3)
1:横山ちなぎ
・10期(2016/4-9)
1:小林純子
・11期(2016/10-2017/3)
1:長島静子
・13期(2017/10-2018/3)
1:野口尚子
2:堀口歩

以上10名のみなさんは、
よく勉強されて認定試験に合格するところまで来ました。
これは並大抵の努力でできるものではないと、
講師であるわたしも感嘆しています。
夢の勉強も長く、
またそれに負けない各個人の個性的な人生勉強があってのことです。

しかし、認定者はここがスタートラインです。
認定者にふさわしい日々をこれからは心していかなくてはなりません。

さて昨日認定者研究会第7回目の集まりを持ちました。
議題は前回と同じく数件の企画書作りでした。
新しいメンバーも交えて喧々諤々。
却下もあり、
将来性も見えるが、
まだこの世にない事案なので
これから練っていかなくてはならない企画が大方でした。

総じて前例のないことを世に送り出す作業は楽しいものです。

会議を終えて、
喧々諤々の興奮を覚まし、
気分を一新すべく、
絵画療法をやってみました。
創造と破壊のダイナミックな手法を用いて、
作り出したものを一旦手放し、
その経験をまた再生エネルギーに変えてみました。

DSC02808.jpg

最後に出来上がったものは、
個としてまとまったものでしたが、
一瞬弱さや遠慮が見えて、
このワークで良かったのかと震えました。
しかし写真をとるために全員のを並べてみたところ、
思わず声を上げてしまいました。
みんなが揃ったことで、
一枚一枚が美しく輝いたのでした。
見る側の目線が次々に移って、
見ていて飽きないのです。

そこで改めて一枚一枚をじっくり鑑賞してみると、
絵に見える色の妙と静けさが動き出して、
誰の絵が特別浮き出るでもない、
全体として調和の中にあったのです。

DSC02810.jpg
(この写真で雰囲気感じられるでしょうか?)

この作業があってそれまでの疲れは吹っ飛びました。

そこでわたしは、
今回の作業だけでは食い足りないから、
次回はもっとはちゃめちゃにやりたいなぁと思ったことでした。
この作業でわたし自身がエネルギーアップしたようです。


posted by バンナイ at 11:09 | グループセッション
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home