画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2018年10月03日

夢が伝えたい究極はセックスのこと


DSC02427.jpg
(坂内和則画)

今朝ネットサーフィンをしていて、
目に飛び込んできた記事があります。
ブログ「天下泰平」の「女性はブラックホールを、男性はホワイトホールを

これは、
「陰陽の真の生命科学的性を解き明かす」のセミナー内容を
抜粋記事にしたもののようです。
講師は男性2人の女性2人。
どなたもわたしは存じ上げませんが、
時代は「性」の本当を公に語れる時を迎えたのですね。

夢もほぼこの記事と同じことを伝えています。
わたしはそう捉えています。
しかし30年ほど「性は聖」と講座内では話せても、
記事にすることにはためらいがありました。

このブログの主のTACKEY さんは、
「女性はダイレクトに天(宇宙)と繋がれる」
「男性は地球(母性)とは繋がるが天とは繋がれない」
「男性は正しいまぐわいによって女性を通して天と繋がる」
ー中略ー
「何千年もの間、この物資世界がすべてとなってしまった意識、この意識の覚醒、解脱に性のまぐわいは早い」
についてお話しされたとのことでした。

夢での性は、常に聖なる事です。
夢でのセックスは常に聖なる行為なのです。
夢では、セックスが売買の対象であることは決してありません。
夢でセックスが淫靡であることなど絶対にないのです。
例え異様な光景と思われる場面であってさえも。

これが私たちには大きな秘密でしたが、
夢では私たちにおおっぴらでした。
神の計らいでしょうか。

これはとても不思議なことですが、
夢に深く関わるとセックスの意味が悟りと直結しているのに気付かされます。
ほとんどの人は性を通じて、
悟っていくことを目的にこの世に生まれています。
しかし生まれて物心つくとそれとは反対の価値観に侵されます。
性行為がどれほど大切な神の恩寵か、それも夢を通すとよくわかります。

女性は行為に及ぶその瞬間、
全幅の信頼を持って相手の男性が自分だけを愛していると信じた時、
心と体の扉を天に向けて、神に向けて開きます。
これが性エネルギーを通して、
生命エネルギーを悟りのエネルギーに昇華する絶対条件です。

これからは追々この「性は聖」についてお話ししていきたいと思っています。



posted by バンナイ at 21:14 | 夢の活用法
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home