画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2021年02月28日

坂内慶子のためのインキュベーションの夢


DSC01623.jpeg
(インキュベーションの夢の絵13枚たち)

インキュベーションの夢とは、
ターゲットになるひとのために夢を見て、
夢からそのひとの問題解決を図るものです。

インキュベーションについては何度か記事にしているので、
ご存知の方が大半だと思うのですが、
古代ギリシャでアスクレピオスという医神が、
患者のために夢からその治療法を導き出したという手法のことです。
民間伝承として永永と受け継がれている方法ですが、
「夢は漠として捉えどころがないもの」になっている昨今は、
この手法を実生活に役立てられていません。

他人の治療法や問題解決法を夢から引き出すなんて、
無謀と思われても仕方ない現代のわたしたちですが、
これを昨年11月、
天の鳥船庵で夢を勉強してくださった精鋭たちが、
わたしのためにやってくれました。

傘寿のプレゼントとしてわたしのために夢を見てくれたのです。
骨の折れる夢の勉強を、
それなりに収めることのできた認定者12名が、
一致団結して期日を11月上旬と決めて
わたしの問題解決のために夢を見てくれました。

そのインキュベーションの結果を話し合う会合を持ちたかったのですが、
コロナ禍の世情です。
年末年始は見送らざるを得ず、
やっとなんとか2月13日にオンラインを交えながら、
リアルに集まることができました。

まずターゲットであるわたしがそれぞれの夢から
何をどのように受け取ったか話をしました。
受け手のわたしからはそれぞれの夢がどのようにアドバイスしてくれているか、
かなりリアルに受け取れるものですが、
夢を見てくれた方々からすれば、
その手応えは漠として捉えどころがないように思えたようです。

つまり、夢には未知の叡智が秘められていると確信している方々でさえ、
夢は信頼に値するというベースがあるから夢を勉強してきた人たちでさえ、
自分が見たインキュベーションの夢に自信がないのです。
この認定者研究会ははまずそこから話が始まりました。
「わたし如きが夢を見てもこんな程度」という感想が認定者から出たのです。
これはもったいない。

全部で13個の夢を1つの問題解決に絞って検証していくと、
問題そのものの全貌が見えてきます。
それが翻ってひとりひとり夢を見た者に
的を射た意味を見せてくれるという仕組みです。

残念ながら夢そのものを今の段階では公にできないのですが、
現時点でお話しできることと、
今だからこその「夢の役割」をお話ししたいと思い、
中途半端ながら記事にしています。

今回集まったインキュベーションの夢は、
健康(body)へのアドバイスと、
情動や心理面(mind)へのアドバイスと、
生き方や哲学といった霊性面(spirit)へのアドバイスにきれいに分かれていました。
普通は健康面(body)へのアドバイスがあれば、
そこに情緒面(mind)と霊性(spirit)を読み取ることができます。
今回は特にお寿司と酢漬けのニシンが登場したので、
健康面と食へのアドバイスをどのように夢から読み取ったかをお話します。

この二つの夢から
酢漬けの青魚を適量食すことを勧められていると解説してくれた人がいました。
この鍼灸師の解説によると、
「肝臓の為に酸味をとると良いという話で、
五行の表を作るとわかりやすいのですが、

木ー肝ー酸ー春ー怒
火ー心ー苦−夏ー喜
土ー脾ー甘ー土用ー思
金ー肺ー辛ー秋ー憂
水ー腎ー鹹ー冬ー恐

このような法則性があり、
これに陰陽の二元を加えて
陰陽五行説という考え方を東洋医学ではします。
―中略―
なので、肝のために酸味を少しとってみるのは良いのではないかと思います。
また、青魚の酢漬けである種のアミノ酸がとれるのではないかと思いました。

ネットで調べてみたのですが、アミノ酸を特定するに至らずですが、
アミノ酸は肝臓の助けになるものでもあります。

青魚の油がDHAやEPAですが、それが良いのかもしれません。」とのこと。

はて、夢は実行しなければなんの意味もありません。
早速鯖の押し寿司を少しいただき、
DHAやEPAのサプリメントをほんの少し摂るようにしました。
2年前に肝炎を治したばかりで、
その時服用した薬の副作用は思いの外大きく体力も落ちたので、
夢からのこのアドバイスはとてもありがたいものでした。
胃腸も丈夫ではないので、
好きな酢漬けの青魚はこの何年も食すことはありませんでしたが、
少しなら酢漬けの青魚は食べられるのだと、
夢が保証してくれたようなものです。
まだ効果を云々するほどの時間経過はありませんが、
食べてもトラブルにはならず、
全体的に気分が軽くなったのは事実です。

このインキュベーションにまつわる行動は11月からですが、
いまは2月もつごもり、
五行の表の「木ー肝ー酸ー春ー怒」が意味深く読めます。
これまでの人生で春先の季節の変わり目は、
症状が出やすく難儀してきたからです。
にもかかわらず昨今身体が徐々に元気を取り戻しているように感じます。

今日の時点でわたしが夢に問うた問題の全貌を明かすことはできませんが、
この問題に取り組む体力気力がわたしにあるのか、
絶対に知りたいところでした。

もちろん今回問題として取り上げる前に、
この人生が続く限りは全力投球すると決めてはいるものの、
寄る年波に抗えないのも事実です。
自分を客観的に冷静に見る姿勢は崩したくありません。

幸いどなたの夢も、
大丈夫というお墨付きでした。
これがどんなにわたしをほっとさせてくれたでしょう。
インキュベーションの夢が示してくれた生き方としては、
明確に自己主張をすることと、
妥協のない態度を貫くようにと言われています。

長く他人の影に隠れて生きてきたわたしとしては、
自分を前面に出してことに当たるのは、
気合を入れていかなければ難しいことです。

今回インキュベーションの夢をここで語りたかったのはこの点です。
いま多くの方々が見ている夢は、
反省や棚卸しやトラウマに関わる時ではなく、
自分の人生の独自性をどのように作っていくかを問われています。

きっとこの記事を読まれて、
自分の夢を振り返った時、
「自分の独自性を生きる」というアドバイスを思いつくことはできなくても、
自分の夢がそう言っているとこころに決めて、
夢を考えてみてください。
そうすると「自分の独自性を生きる」が浮かんでくるはずです。
それほどいま人々が見ている夢は、
これまでになくみんな同じように、
自分を生きるようにいわれています。
これは宇宙から、天体からのサインです。

そしてこのサインをそれとなく受け取れている人々は、
立ち止まって考えようとしています。

こんなふうにみんながみんな横つながりにつながっています。

それぞれの独自性を生かすことに誰も反対していません。
むしろそれを奨励しています。

DSC01617.jpeg

さて今回のインキュベーションの夢について、
認定者のみなさんはそれぞれが意見や感想を寄せてくれました。
この往復メールは数が増えるに従って、
夢の揺るぎない真実を理解せざるを得ない気持ちになりました。
更に12個の夢を時系列で並べてみたら壮大なストーリーになりました。
それを最初と最後の夢をひとつの話としてお目にかけると、
以下のようになります。

【船旅に出ない陸の船の中にいるわたしは、
この船にいることで自分の役目を全うしようとしています。
目の前では、
KAN『愛は勝つ』が演奏中です。

♪心配ないからね 君の想いが 誰かにとどく明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも 信じることを決してやめないで
(中略) 信じることさ かならず最後に愛は勝つ♪

この演奏が終わったら、
わたしはわたしの仕事に取り掛かります。】

お話したいことの半分も文章にできていないと思いますが、
急ぎ今回のわたしのためのインキュベーションの夢にまつわる
一連のことをお伝えしました。

この記事で、
これを読んでくださるみなさまの夢への信頼が、
しっかりしたものになりますよう祈ります。




posted by バンナイ at 20:03 | 夢の活用法

2021年02月08日

母と娘が夢で日常をダンスする


来月のオープンクラスはお休みします。
4月は10日です。
受講ご希望の方は早めにお問い合わせください。

さて、ここで引用する記事は、
なかやまさちこさんのface book からお借りしました。
彼女に許可をもらったわけではありませんが、
Face bookをされていない方にもこの記事を読んでいただきたく、
引用の形でお見せします。
きっと彼女もこのことを快く受け入れてくださるでしょう。

今までも何度か5歳の娘さんとの間で、
夢の話が日常に登場している光景を記事にしてくださっています。
そのどの記事をとっても、
わたしたちがこの世に生まれて、
魂の望みを生きるには、
夢を介して互いの魂の願いを知ることで、
互いを尊重できる関係を作れるようだと読めます。

親が子供を養育する義務はあっても、
親が子供を教育する義務はないのかもしれません。
むしろ子供から親が学ぼうと視点を変えることができたとき、
二人の魂は呼応し合えるように思います。

引用はじめー

「消しちゃった!ひなこ、録画消しちゃった!
 見たいよぉ。ファントミラージュ見たいよぉ!
 どうしたら、元に戻せるのぉぉぉ?(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」
娘が号泣して目覚めたのは、水曜日の朝。
録画を削除したファントミラージュ(という番組)のことを
夢の中で思い出して、見たい!と泣いたようです。
夢の中でも、実際にも大泣きした娘。
現実の実際に、録画データを削除したいと言ったのも娘本人。
私はその指示を受けて、完全削除しました。
ガールズ戦隊モノの新しい番組が始まったから消して欲しいとのことで。
夢の中で、
どうして削除したファントミラージュをみたいと思ったのか、
その詳細は思い出すと悲しくなるから話したくないと言います。

大泣きが収まった娘と話をしたら「とにかく、ファントミラージュが見たい」とのこと。
消してしまったデータは元に戻せないけれど、DVDだったらTSUTAYAさんで借りられると伝えると、「それでいい、そうしたい」といいました。
で。
最初は、手っ取り早く幼稚園の保育時間中に、私がTSUTAYAに行けばいいかなと思ったのですが
夢で見たこと感じたこと
それを本人に現実で行動してもらう
絶好の機会じゃないか!
しかも、
DVDを借りるだけなんて容易い行動案だし
危険度ゼロ、最高だね!と思い直して
夢から4日後の本日、実行できました。
 実は
 レンタルDVDって案外割高で
 既にvol16まで出ているので浪費だなぁ
 本人が忘れていたらそのまま放置しようかと
 思ったのも事実 ところが昨日、
 お風呂上がりに本人が思い出したのでした。
そして、レンタル後の帰り道。
借りたDVDを手に持って
てくてく歩く娘が一言。
「ママぁ、わたし、うれしい!」
夢を見て、実際に行動して
娘の中でどんな変化があるのか
私には知り得ないことかも知れないけど
今日のこの日が記憶に残って
夢は実践するものだと
思い出してくれたらうれしい。
だって、母さんは、そうやって
あなたをお腹に宿すことが出来たのだからね。

引用終わりー

夢に惹かれて夢の勉強をはじめる人は多くなりましたが、
夢のメッセージを行動に移す前に考え込む人は多いです。
いままでのやり方を変えられないのです。
変えてみましょう。
行動に移した時の恩恵は想像以上のものです。
それを体験してください。
人生が豊かになります。


posted by バンナイ at 21:00 | 夢の活用法
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home