画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2018年01月29日

夢は「ひとり・神の探求」

エドガー・ケイシーの偉業に、
「神の探求」という自己探求の方法をリーディングしたものがあります。
内容は、自分を掘り下げ自分の神性を生活に表して行く方法なのですが、
基本的にこのワークは仲間を募ってお互いをサポートしあって行く方法です。

そこから眺めると夢はまさしく「ひとり・神の探求」です。
昨日2018年初夢ワークショップを開きました。
そこでのテーマは正に「自分の神に対峙する」、
あるいは「自分の神を生きる」というのがテーマでした。

その代表のような夢の話です。
夢主に対して、
極めてプラーベートなピンポイントの指摘を、
ここで言葉にすると、
冷めた昨日のご飯のように味気ないのですが、
実は昨日のみなさまの前で、
びっくりな象徴をお話しできずに終えてしまいました。

いつかその夢の話を公にできると良いのですが。。。。。
でも、冷めたご飯風に差し障りなく昨日の受講生に分かる程度の話をすれば、
日本語の音から様々な意味を探ってみたあの夢です。
まずは汲めども尽きぬ生命力。
ここまでは良しとしても伝えられなかったのは、
メインの性的な意味(それが漢字に出ていたのです)。
そして聖なる意味(夢の最もいいたいところ)。
それが三方(生命力・性・聖)重なって高貴なユーモアを盛り込んできた初夢。
そこから、
変化の2018年を過ごすには、
感情を感じ切ることで平安をものし、
常にユーモアを持って自分のテーマである自分の神を生きること。

セッションは聖なる館という名の一室で開きました。
初夢5.jpg初夢4.jpg初夢3.jpg初夢2.jpg初夢1.jpg

京都で2月12日「初夢ワークショップ in 京都」を開きます。
お問い合わせください。





posted by バンナイ at 10:40 | 夢の活用法
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home