画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2021年12月31日

本年もありがとうございました。


DSC02520.jpeg

いろいろのことがありながら、
2021年を何とか無事に過ごせていることが一番なのだと思います。
20代の頃お茶とお華のお稽古を10年ほどしました。
お茶の先生は茶花が見事で、
いまでもその余分なもののない
それでいて華やかな技を思い出します。
言ってみれば、
万葉、古今、新古今のなかで新古今のように無駄がないのです。
昨今の茶花は万葉風とでも言いましょうか。
華やかです。
私の勝手ですが。

DSC02519.jpeg

その先生が作る門松を真似て私もやっています。
お正月用のお花を活けたその残りで門松を作ります。
今年は松竹梅に千両にしました。
庭の梅はいま蕾が沢山ついています。

DSC02521.jpeg

お部屋のお正月用には頂き物の花籠。

DSC02527.jpeg

写真では見えませんが、五葉松と千両が沢山活けてあります。

DSC02504.jpeg

来年のセッションルームに飾る月の運行が入ったカレンダーです。

DSC02533.jpeg

先ほど江ノ電の路面電車になる腰越あたりで、
電車を追いかける形で車を運転しました。

DSC02516.jpeg

都会でいて都会ともいえないゆったりした漁師町のような感じです。
両側にはひもの屋や食べ物屋や小ぶりのスーパーなど、
人の行き来が多いところです。

DSC02515.jpeg

コロナ禍で生活は変わりましたが、
幸いなことにより一層静かな生活ができるようになりました。
外に向いていた意識が内に向かうようになると、
その分当たり前のことが奇跡なのだと思えます。

本年中はお世話になり有り難うございました。

みなさま、良いお年をお迎えくださいませ。



posted by バンナイ at 20:40 | あれこれ
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home