画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite

画家・坂内和則 & 夢療法家・坂内慶子のWebsite
天の鳥船庵だより

2017年10月17日

回転寿司と注文を受けてからマグロを裁く寿司屋

DSCN0316.JPG

気骨ある女性が結婚し出産しました。
子育ては企業戦士にとって、
馴染めない別の戦いを挑まれていると感じたようです。
目の前の幼子に何を食べさせるべきか、
それが大きな問題になってきました。
答えを求めて友人知人そしてネットサーフィンを試みるものの、
ますます答えは霧の中。
行った本屋にはキャラ弁が並び、
同じく母親仲間の多種多様な生活実態に、
心の中は揺れに揺れます。

そこで見た夢が、
「回転寿司と注文を受けてからマグロを裁く寿司屋」。

効率重視(=回転寿司)か、
美味追求の現実無視(=注文を受けてからマグロを裁く寿司屋)か。
この夢の視点の皮肉めいたところが腹に響きます。

話し合いの結果、
先輩ママは「素材の味を覚えてもらう調理」と、
「空腹まで親が待つ」を提案してくれました。
講師は加えて、日本の伝統を食に反映させてと。

それを受けて夢主のママさんがくれたメールです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
私と似たような価値観と経歴をお持ちのお母さんはきっと、
職場復帰してもしていなくても、お母さんという立場に立って
私と同じように悩んでいる人は多いのではないだろうかと改めて思います。

母になってもなお、物質主義から抜け出せない自分が、
子育てを、母という立場を、日常の小さな事に、
喜びを感じられる豊かさを取り戻せるか、
その過程を自分自身が楽しみたいと思います。

ちなみに、私の夫は日本文化や伝統工芸が非常に好きなのです。
お裁縫もお料理も楽しむ人

今日の昼食は、娘が苦手なジャガイモを、娘と一緒に皮をむき、
粉ふきいもを作って食卓に並べました。
最初は嫌がっていたのですが、娘によそった分は完食していました。
食事はシンプルに、素材を楽しむ、という考え方で
娘の幼少期の食事をもっと気楽に楽しむ事にしました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ここで言っている「物質主義」とは、
書籍に答えを求める自分の態度を言っています。
食こそ自分が自分に何を求めるかの結果であり、
祈りを形にするものではないでしょうか。
それが生きる挑戦だと夢が言っているように思います。

posted by バンナイ at 12:37 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年10月06日

花束をくれる男はパートナーになりうるか

DSC08073.JPG

ハリウッド映画の一場面のように、
夢で花束を差し出されたり、
貰いそうになることがあります。
それが知古だろうが、
見知らぬ男性だろうが、
殿方から花束をもらうのは?
夢だったとしてもうれしいものです。

一瞬恋の始まり?
恋人が現れるという予知夢?
などと気持ちははやります。

でも残念なことにこれを恋のはじまりと取るのは早とちり。
日頃の願いを夢で叶えようとしているというお叱りの夢です。
「労せずして夢を叶えようとしているね」という神さまのメッセージです。
夢が何で人の意識の中に入り込むのか、
この願望充足という夢を考えるとよくわかります。
夢は現実を生きるためだけに存在するので、
夢を夢で叶えては何もなりません。

わたしたち人間は夢を夢まぼろしと遠ざけ、
挙句に棚ボタを期待します。
人生のパートナーをこんな風に手に入れることはできません。

とても難しい夢の受け取り方ですが、
「あなたはこんな風にプリンセスもどきの経験をしたいのね」と。
それが人生の望み?
相手に賞賛されたい?
夢はなかなかうがった見方をします。
これが願望充足の夢です。

願望充足の夢も予知夢もどこか変というところがミソなのだけれど、
そのミソを読むのが難しい。。
しかしこの場合「花束」がカギになります。
そこで「花束」の意味を考えてみましょう。
「花束」は「花」を集めたものです。
だから「花」を先に考えなくてはいけません。
花とは、どんな花も自己表現を精一杯やっていますという表れです。
花は他からの賞賛を頼りに、
「自分はこうです」と言っているわけではありません。
見る人が居ようが居まいが、
自身を「こんなに美しい存在でしょ」と、
見えない天に向かって言っているのです。
それが「花」です。

だからその花を束ねた花束をくれる人は、
そんなあなたを良いなと思うので、
「是非それを続けてください」と伝えているのです。
自分を肯定できる人を肯定したい。
花束をくれる人はあなたの何かを賞賛しています。
しかし人生を共にしたいというほどの賞賛や「良いね」ではありません。
そこには二人で新たなものを作ろうという気持ちはないのです。 

それで、花束をくれる人がお相手とは思えなかったり、
男性でない場合は、
やはり、あなたの何かを賞賛しています。
賞賛している人は人生のパートナーにはなりません。
人生のパートナーは、
共に「人生を創っていきましょう」という人とでなくてはなりません。
夢ではそこは明確で、
共に宝探しをしたり、
二人で湖を見に行ったり、
力合わせてボートを漕いで島に行ったり、
ちゃんとした食事を共にしたりという場面になります。

こうなると予知夢になりますね。
こんな夢を見たとき現実生活であなたは、
目一杯理想の相手が目の前に現れたように自分を整えます。
こうしてパートナーが現れるのを待っているようにと、
夢の神さまはおっしゃいます。
あなたの準備が整ったらそのときあなたの目の前に相手を配置するからと。
あなたが神の意に伸るか反るかはあなたの自由です。
しかしこんな風に人生のパートナーを求めなさいと夢は言います。

夢は、人生のパートナーと人生を創造することに
最高の意義を置いているように思われます。


posted by バンナイ at 14:11 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年09月21日

続・ストーリーのある夢を単語で考える

DSC09767.jpg

長くて奇妙な夢をどう考えるか。
長くても奇妙でも重要な単語の意味さえ分かれば、
夢が伝えたいことは捉えられる。
そんな話を「ストーリーのある夢を単語で考える」(2017/8/28)でしました。
今回は同じ夢を単語ではなくストーリーを追って見ていこうと思います。
まず例題に使った夢をご覧ください。

夢本体
【(人々が行き交う場所で)
トイレに行こうと廊下を歩いていると、
死にそうな赤ん坊が寝ている。
トイレに行くにはそこしか道がない。
他の人はその脇を行き交っている。
死にそうな赤ん坊の脇を通るのははばかれる。
はばかれるけれど脇を通ってトイレを済ませ、
戻ってきたもののしばらくすると、
「赤ん坊置いてきちゃった、どうしよう」と、思う。】

どうでしょう。
あんまり気持ちの良い夢ではありません。
そんな夢のストーリーと、
夢の中で去来する心の動きを見ていくのは、
少々面倒です。

さて、この夢を読んで、
まず、「瀕死の赤ちゃんを置いてきちゃうってどういうこと?」
と、思いませんか。
瀕死の赤ん坊を放っておくなんて人としてはばかれるのに、
脇を通って何事もなかったように日常に戻ってしまいます。
ここを見ていくのは、
夢の中で起きている心の動きに焦点を当てながら、
今現在生活の中で自分に何が起きているのか、
強いては自分はどういう人生上の問題を抱えているのだろうかを、
見ることと同じです。

無意識にやり過ごす心の動きを、
夢の中の状況に合わせて、
現実自分がどのようにことに反応しているのかを見る訳です。
この作業は夢を通すことで、
正確に自己覚知が叶います。

これを別の言い方で表すと、
あぁ、夢でよかった。
現実で瀕死の赤ん坊を放って置くなんてことはしない。
そんなことはしない自分だと自己弁護します。
それが夢なんです。
夢に向き合うのは大変だけれど、
夢に向き合うとは自分に向き合うことで、
夢が言うことがそのまま現実になることはありません。
瀕死の赤ん坊が現実に現れて、
そのそばを通りながら自分は知らん顔をするなんてことは起きません。
そんなことは起きないけれど、
象徴的な意味で自分の中の可能性を踏み潰してはいませんかと、
夢は尋ねてきました。

そこで「なんで瀕死の赤ん坊をそのままにしたの?」と訊いてみました。
「だって」と夢主の彼女は言います。
「面倒じゃないですか」
「面倒?」
「こんなことに関わっていたら時間がいくらあっても足りない」
その方の言わんとするところです。
私はこの言葉を理解するにいくらか時間が必要でした。
またこの方と性格が違う人には、
この辺を理解するのが難しいかもしれません。
人はいろいろ。
自分の感じ方とは違うからといってやり過ごすことはできません。
その人なりの課題はその人にとっては大問題なのです。
いかにその方が赤ん坊を助けること、
世話をすることが「面倒」と思っているか、
その言葉を聞いたこちらはしばし考え込んでしまいます。

赤ん坊に関わったら、
どれほどの時間と労力のロスが生じるか。
彼女はそのことの方が茫然自失なのです。

もしあなただったらどうします?

寸暇を惜しんでやっとの思いでトイレに立ちました。
それなのに一刻を争う瀕死の赤ん坊がその前に立ちはだかる。
面倒という言葉の後ろに、
いっぱいいっぱいの生活が垣間見えます。
どうあがいたって今の生活の時間配分以上に、
新しい何かを始めることなど到底できない。
この方の思考回路は、
何かが起きれば、全てが自分にのしかかり、
全てを自分が処理しなければならない。
瀕死の赤ん坊に手を出したら、
トイレにも行けない。
医者を見つけるのに走り回らなければならない。
最後まで見届けなければ気が済まない。
それならいっそ最初から手を出さなければいい。
そう考える思考パターンの人のようです。
ことを目の前にしたら、
誰かに頼めることさえ思いつかない。
頼もうとは考えない。
頼めるとも考えないのかもしれません。

恐らくこれを読まれて、
この話がまどろこしいとか、
じれったいと思われる方は多いでしょう。
それが夢が指摘するところで、
この方の性格なのです。
行き交う人々に向けて、
助けてください。
どなたか119番して救急車をお願いします。
お医者さんはいませんか。
この赤ん坊の状態を見られる方はいませんかと、
声を張り上げることは十分できるのに、
それを思いつかないのです。

だからこの夢が伝えたいメッセージは、
声をあげて助けを求めること。
その場の状態を仕切ること。
あなたがこの情の通じない社会の中で第一声を上げること。
全てを取り仕切ること。
医療機関に知らせることができれば、
全てはスムーズにことが運ぶでしょう。
その先陣を切るようにとこの夢は言います。
リーダーシップを取るようにと。

この方に取って、
自分がコマネズミのように忙しく働くことはなんでもありませんが、
人を動かしたり、指揮をとるのはさぞや苦痛でしょう。
でも、人は歳をとり、ことに精通していきます。
自分の立ち位置を適切な場所に置かないと、
側は大迷惑をします。

その大迷惑をあまり気分の良くない場面作りで夢は知らせてきました。

ストーリーで夢を見ていく醍醐味を知っていただけたでしょうか。


posted by バンナイ at 17:25 | Comment(1) | 夢のメッセージの取り方

2017年08月28日

ストーリーのある夢を単語で考える

DSC08835.jpg
春の斑入りユキノシタ群生

拙著「夢は神様からの最高のシグナル」(コスモ21)は、大方夢辞典です。
今回はこの辞典をどう役立てるかをお話しましょう。
夢を理解するのに辞典を使うなんてと思われるでしょうが、
単語の意味を考え、
そこを足がかりにすると夢がわかりやすくなります。
その考えるプロセスをお話ししましょう。

夢は自分のものです。
そして夢は奇妙奇天烈です。
しかし自分が奇妙奇天烈だとは思えません。
夢が奇妙奇天烈なのであって、
自分の心の内が奇妙奇天烈だとは思えません。
そこで夢の辞典の単語を引いたところで、
何になると疑問を持たれるでしょう。
しかし単語だけにすると、
却ってこれが夢と自分の心とを繋ぐ役目をしてくれます。

夢が伝えたいことは案外シンプルですが、
自分の心がシンプルだと思える人はまずいません。
自分の心は深遠で、
計り知れない広がりと可能性を秘めながら、
一方で複雑怪奇だと思っています。
心は深遠です。
しかし夢が伝えたいことは、
今取り組むべきことなので単純です。

夢が伝えるメッセージは深いですが、
極めて個人的でシンプルです。
その個人的なところを掴むために、
一旦自分から離して、
夢に出て来た単語の意味を調べると、
夢の伝えたい芯のところがキャッチできます。

では例題の夢をご覧ください。

夢本体
【(人々が行き交う場所で)
トイレに行こうと廊下を歩いていると、
死にそうな赤ん坊が寝ている。
トイレに行くにはそこしか道がない。
他の人はその脇を行き交っている。
死にそうな赤ん坊の脇を通るのははばかれる。
しかしトイレを済ませ、
戻ってしばらくすると、
「赤ん坊置いてきちゃった、どうしよう」と、思う。】

さてこの夢をどう考えるか?
そう思っただけでとっかかりがない感じではありませんか。
「赤ん坊」といっても気分の良い夢ではありません。
普通「赤ん坊」と聞いたら可愛らしく楽しげで、
幸先の良い何かがはじまりそうな感じなのに、
この夢の「赤ん坊」は瀕死で、
「赤ん坊置いてきちゃった、どうしよう」で終わっています。

こんな風にどう考えて良いのかわからない時、
一番重要な単語を考えます。
どんなにたくさんの事物が登場しても、
それがなければこの夢は成り立たないと云う最重要要素です。
余計な単語をそぎ落とし、
最後にこれだけは外せないという単語です。

となると、考えるまでもなくこの夢では「赤ん坊」です。
では、「赤ん坊」とはどういうものかを考えてみましょう。

この世の「赤ん坊」は愛し愛された1組の男女が、
この世で最高の甘美を体験した末にこの世に生み出したものです。
二人の愛し合う気持ちなくして「赤ん坊」は生まれません。
愛し合う行為無くして「赤ん坊」は生まれません。 
「赤ん坊」にはこの意味づけがどうしても必要です。
赤ちゃんは性行為がなくては、
この世に存在し得ないのです。
それ以上にその性行為が成り立つ
愛する意志を持った男性と、
愛を受け入れた女性の体が、
共に歓喜を体験した結果生み出された命です。
そして女性の子供をこの世に送り出し、
共にこの世を楽しみたいという願いが込められていなければ、
生み出されることもない命の宝です。

これがあなたの心の中で起きたことです。
あなたは人生を愛し、
その愛を心と体で体験しています。
実際美味しいものも食べられるし、
この世はどこかで悪くないと思っているでしょう。
それに実際自分には具体的な望みがあり、
それを形にできる微かな予感をもっています。
あなたの基準であなたは人生を愛し、
あなたの考えをこの世に何かの形で生み出したいと思っています。
それがあなたの夢に現れた「赤ん坊」です。
その「何かの形」とは何でしょう。

ここで自分の中の「赤ん坊」を考えます。
取り敢えず、瀕死だろうと世話する者がいなかろうと、
自分の「赤ん坊」とは何かを考えるのです。
「赤ん坊」とは、
私の心の中の新しい何かです。
自分のこれまでを振り返り、
ここにきて得たいと思っているもの、
新しく挑戦したいと思っていることです。
あるいはこれまでの自分では対処しきれないので、
新たな打開策や道(人としての在り方や手段)は何かを考えるのです。
そして表面意識では不満タラタラな毎日だろうと、
あなたは生きることを喜びたいと願っています。
それが「赤ん坊」です。

人によって何かは「人を愛すること」かもしれません。
でもこの愛はとても具体的なので、
漠とした人類愛ではなく、
人生の伴侶を求める愛や、
無償の愛を捧げることになる、
この世に子供を生み出すことかもしれません。
夢が指し示す「赤ん坊」は具体的です。
つまり前者は結婚相手を求めて具体的な行動に出ること。
後者は妊娠の準備に取り掛かることでしょう。
それを決めるのはあなたなので、
あなたは「赤ん坊」の夢で、
自分のこれまでを丁寧に振り替えざるを得ません。
もちろん「何かの形」とは、
人の接し方や特殊な才能を開拓するようにという場合もあります。

これが「赤ん坊」という単語から考えたメッセージです。

また、夢がこんなに具体的に指示してくるのですから、
「取り組むなら実現可能です」という意味もセットになっています。
夢はやってできることしか言ってきません。

しかしここで多くの人は足踏みします。
行動に踏み出せないのです。
プライドが邪魔をします。
「失敗したらみっともない」と。
そこで「良い人がいたら結婚でもして見ましょう」という言葉になります。
これは自分と周りを騙す言葉です。
それはトラウマです。
「失敗したら取り返しがつかない」と思うそれがトラウマです。
この二つは切り離せないのですが、
結果がはっきり出ないこと、
特に人との繋がりが問題となる「相手の気持ち」には怖気付きます。
また才能開拓にしても、
それにまともに挑めないのは、
成就した際に生じる責任への恐れです。
成功した際の自分がどんな態度をとるか恐ろしくて想像ができません。

多くの人はつるんだり競争をしたりは得意です。
しかし自分の気持ちひとつや、
相手の気持ちを聞かなければ成り立たない
プライベートな関係には臆病になります。
プライベートな関係にさえ比較や競争を入れたがります。
そこに安住する傾向があります。
社会的な基準を自分の気持ちにしてしまえば、
自分の気持ちを正直に見る必要がないからです。

話を夢の「赤ん坊」に戻すと、
折角赤ん坊の夢を見てもその前で逡巡してしまいます。
だから「赤ん坊」が心のどこを育てていくことを言っているのか、
正確に見届け難くなります。

その難しいところを見る勇気さえあれば、
「赤ん坊」の夢は自分の心を育てる好機だと納得できます。

ここまでが単語だけで夢のメッセージを考えるプロセスでした。
どんなに複雑な夢でも主になる単語を見定められれば、
夢が伝える意味を外すことはありません。

では夢のストーリーを追っていくとどうなるかを考えて見ましょう。
夢を丁寧に見ていってもメッセージは同じになるはずです。
より具体的に夢がわかるというだけで違いはありません。
これについてはまたの機会に。

ーつづくー


posted by バンナイ at 15:53 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年08月08日

留学中父の死を夢見る

DSC09089.jpg

海外に留学中の方から突然のご相談がありました。
慣れない地で父の死を夢に見て不安に駆られたようです。
急ぎ返事をしたため、
夢の意を伝えたところ、
よくご理解をいただけたようでした。
それで私の返事とその方の感想を
ブログ記事にする許可をいただけたのでここにお見せします。
カッコ( と カッコ )の間の文章は彼女の文章の写しです。
分り難いでしょうか。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

○○さま

ご心配を少しでも解消して欲しいと、
急ぎ思うところをおしらせします。

(隣で私と一緒に歩いていたはずの父が
ふと、亡くなっている状況に私は置かれ
「父はもぅいないんだった、そぅか」
と、思い出すような感覚を覚え
父に対し、やり残した事があったと悔やむ感情と共に
この悲しみを乗り越えよぅという気持ちが強く
1人耐えていました。)

という部分が重要です。
さらに、

(父に対して、やり残した事があったと悔やむ自分を思うと、涙が溢れました。
「後悔したくなぃ」と。)

この解釈にやや誤解があるようだと思いました。
今この時こそ、父上に対しやり残しがないように行動されますように。

父上へのやり残しとは直接父上への何かではなく、
あなたが父の娘として恥じない生き方を生きるということではありませんか。

念願叶って憧れの地で留学中です。
そこで十分当初の目的を達成されることだと、
夢の専門家は考えました。

(大きな事を成そうとするより、自分の周りから)

は、エドガー・ケイシーが奉仕の方法を探している人に常にいう言葉です。

自分が、

(インディゴチルドレンやスターシードやライトワーカー)

であることより、
自分は今肉体を持った人間であり、
すべてのひとびとと同じ土俵にいるという感覚を持てた時、
神が特別○○さんの手中に持たしてくれた道具を見いだすことができるでしょう。

(父が亡くなる夢)

で、現実父上が亡くなるという事例を今まで知りません。
だから○○さんの場合も亡くなりはしないと軽々には申し上げませんが、
夢のメッセージの重要なところは、
「親殺し」つまり今こそ親を越える時だと伝えています。
その超えるところを○○さんはお考えになる必要があります。

お心騒がせず、お勉強に集中されたらいかがでしょう。

そこで質問なのですが、
留学中にお父上さまが亡くなったら、
途中で切り上げるおつもりでしたか。
お父上さまはそれをお望みですか。
この辺の整理がお出来になっていないように思いました。

お父上さまと○○さんのご関係をしっかりお考えになり、
ご自分を中心に御考えください。

取り急ぎ。

坂内慶子

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

坂内慶子 先生

御返事下さいまして有難うございます。

早々にアドバイスを下さったお心遣いに
心から感謝しています。

夢を見て目が覚めた後、
先生のブログの記事を拝見し
心落ち着かせてはみたものの
良からぬ不安の全ては、拭い去れずにいました。
今回このアドバイスを頂けた事で、心が落ち着いて来ました。
そして、この貴重な留学の時間を
真に、大切に過ごすとの決意が持てました。
本当に有難うございます。

“私が、父の娘として恥じない生き方を生きる”
とても腑におちました。
おっしゃる通りです、正にその一点です。
深く肝に銘じます。

父の期待に添おう、認められたい、喜ばせたい
これまで、これらの思いから抜け出せず
その中でもがいて来ました。
今が、そこから抜け出す時(チャンス)なのだと感じました。
もの凄く大きな、ととも大切な一歩になります。
有難うございます。

“自分は今肉体を持った人間であり、
すべてのひとびとと同じ土俵にいるという感覚を持てた時”
生まれてから、地に足が着かないまま、ここまで来ました。
坂内先生のおっしゃる通り、私に最も必要な教訓です。

“もし、留学中に父が亡くなったら”
考えないようにしていました。
帰らないわけにはいかないかな、と思うからです。
ただ、もし帰らなくても
父なら理解してくれるだろうとも思います。
ただ、やはり帰国までは生きていて欲しいですが。

今は、今ここに居る意味を、しっかり生きます。

坂内先生へ、感謝を込めて。

○○

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この方が気づかれたように、

(父の期待に添おう、認められたい、喜ばせたい
これまで、これらの思いから抜け出せず
その中でもがいて来ました。
今が、そこから抜け出す時(チャンス)なのだと感じました。)

この短い文章の中に込められた納得こそ、
この夢が示唆し得て欲しかったところです。

留学という人生の大イベントは、
変容のチャンスです。

この方ばかりでなく、
多く親元を離れて海外にいる方々にとって、
彼女の夢と気づきがひとつの光になってくれますように。



posted by バンナイ at 18:25 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年07月15日

自分の性格を知らなければ夢はわからない

DSC09000.jpg

夢を理解するお手伝いにと、
奇想天外な夢らしい場面を、
一度徹底的に自分から離して、
分解し分析するために夢語辞書を作りました。
夢の象徴を単語で考えて欲しいと思ったからです。
しかし夢の事物を辞書で引いてみても、
夢が言わんとするところが分からないことがあります。
その時は、
夢が自分の現状を表しているのなら、
日頃の態度が夢に現れて、
それが問題を難しくしていると考えてみましょう。
自分の態度振る舞いに注目する訳です。
すると自分ならではの思考回路がわかり、
チャレンジの仕方に問題があるのだと気付くことができます。

そんな例をお話しましょう。
夢本体【誰とは分からない女性と一緒。
(しかし夢の中では親しい友人らしい。)
ふたりで船着き場の小屋で船を待っている。
その女性に、
「早く行こうよ」と言っても化粧してて動かない。
「もう船出ちゃうよ」と声をかけても動かないので、
「もういいや」と外に出たら、
小屋の前まで水があふれている。
水の被った一帯を不自由しながら船着き場に行くが、
足許がおぼつかない。
一瞬海の中に足を踏み外しそうになる。
気づいたら目の前の船は埠頭を離れてしまっていた。
残念と思う。】

この夢は2011年3月初めに見たそうで、
その後に東北大地震が起きました。
一瞬予知夢のひとつだと思ったでしょうか。
だとしても、
夢はどんな夢も自分へのアドバイスと受け取る必要があります。
この方はその頃どうしても自立を果たしたいと願っていたのでした。
しかし最終局面になると条件が整わず叶わなかったというのです。
その原因をこの夢で、
自分に「勇気がないから」と結論づけたと話してくれました。
勇気がないのであのとき自立が叶わなかったと。
6年前の夢で勇気がないと自分を断じていたのです。

ここからが性格を考えなくてはいけないのですが、
夢では友人と一緒に船に乗ることになっています。
この方が友人と一緒でないと船に乗れないのは、
一人で行動するのではなく、道連れが欲しいのです。
道連れは何を指すかといえば、
自分以外の人の同意が必要なのです。
あなたがやるなら私もと言ってくれる仲間が必要なのです。
賛同が欲しいのです。
賛同とは他人の承認です。
他人が賛同してくれて承認してくれると勇気が出て行動を起こせる。
その心のメカニズムをこの夢が教えてくれました。
行動を起こすとき、
他人の賛同も承認も称賛さえ必要がない性格の人はいくらでもいます。
でもこの方は他人の承認が必要で、
それを得られなかったので、
このとき自立を果たせなかったと考えたようです。
では夢に戻りましょう。
その友人は大事な時に化粧をして動こうとしません。
これはこの方が体面を気にする性格だからでしょうか。
体面(=化粧)を気にするから自立の行動に出られなかったと。

ここからさらに夢を深く捉えなくてはならないのですが、
自立とは、自律と一体に考えないといけません。
社会的に経済的に自立するには、
自律した心を持った社会に向けたペルソナが必要です。
つまり、化粧も必要なのだと後になって気付けます。

このときこの方が取ろうとした行動は、
他人の承認が必要であったのと同時に、
社会に向けたペルソナがまだ仕上がっていない状況だったのかもしれません、

この夢でこの方のエネルギーは、
他人の承認がその元になっていたとわかりましたが、
これでは行動に出てもエネルギーはすぐに枯渇します。
気まぐれな他人の承認をあてにし続けるわけにはいきません。
自分が自分に向けて承認するのでなければ、
エネルギーの補給は期待できません。
その意味で、
このときこの方が自立に向けた行動を取らなかったのは、
適切だったのかもしれません。

後日この方からいただいた感想です。
《夢について、自分は決断力が無いから船も出て行ってしまったと解釈していました。
夢の説明を受けて「承認」、という言葉にビックリしました。
そういえば、私は誰かに承認してもらう事で一歩を踏み出していました。
逆に承認してもらわないと踏み出せない人ですと
夢から教えられました。

勇気、決断力という言葉の芯の部分は誰かの承認を得なければ勇気が出せないという自分の内側の世界だったのですね。

これが私の魂の傷(トラウマ)の一つだと気づき
自分を頼りに行動をするというのが今後の課題でもあると解りました。

あとは行動ですね。
有難うございました。》

心温まる深い洞察をこのお便りから感じます。


posted by バンナイ at 20:24 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方

2017年03月02日

妊娠3ヶ月の赤ちゃんのお願い

DSC05325.JPG

今回は、
異次元を超えて、
わずか3ヶ月の胎児の魂が母親の魂にお願いをしにきた夢です。
夢は次元を簡単に超えてその意を伝えてきます。
夢主の妊婦さんは20代で新婚1年目。共働きです。
赤ちゃんがいるあの世とお母さんがいるこの世は、
愛でつながっているのでしょう。
夢は3晩つづきます。

ハート(トランプ)1日目の夢(夢本体は【 】でくくっています)

最近睡眠不足で、夫が毎日仕事で遅いこともあり、
イライラがあり、昨日はピークで、夜家に戻ると、
時計が落ちて割れていたり、
花びんが割れていたり、
びっくりと不安で大変でした。
よくよくしらべてみると、
古い消化器が破裂したのが原因みたいです。
そんな状況で、みた夢が下記です。

【仕事でなんか変な船で遠くに行くんだけど、
観光もしたいから少し早めのに乗る。
船には仕事のひともいれば、親戚もいる。
船には温泉プールみたいのがあって、
入る時には変なルールがある。
なんかそのルールが嫌で温泉プールから上がろうとしてたら、
知り合いみたいな人がきて「流産しちゃった」と言われる。】

当然赤ちゃんは大丈夫だろうかと心配になっての相談でした。

追伸として以下の文章が添えられていました。
【プールの横で出る準備してたら、
知り合いみたいな人に言われてびっくりして起きた。
え、わたし?いや、あなた?って焦ったとこで。変なプール?温泉?
何個もあって端っこのに入ってすぐ出て。
違うのに入ろうかなあとウロウロしたんだけど、
その空間の雰囲気が変で出たくなるの。
でも15分は出ちゃいけないルールがあってどうしようとなってる。
けどさりげなくて出ちゃえと思ったところに、
その知り合いみたいな人が入ってきてその話をされた。】

ハート(トランプ)1日目の夢に返信

Yさん、妊娠おめでとうございます。

とはいえ、ご心配のことでしょう。
それでなるべく早くに、
わたしの感じたところをお知らせします。

メールを拝見して、一瞬、赤ちゃんが、

【知り合いみたいな人がきて流産しちゃった】

と云ったようになるのかもと考えてみました。
Yさんもそう感じられたでしょう。

でも、それだと夢を見る意味が無い。

お腹の赤ちゃんは、
この状態だと居心地悪いと知らせてきたのではないですか。
それがこの夢の伝えたいことと思います。
この夢はYさんのいままでの夢のつづきです。
その意味では、
いままで以上に夢のメッセージに真摯に向き合って欲しいと願っています。
(注:この妊婦さん責任感強く働き過ぎの傾向があります。
以前からそれを夢で指摘されていました。)

赤ちゃんはお母さんに居心地が悪いと知らせにきました。
これは、すばらしいニュースです。
赤ちゃんの魂とすでに意思疎通ができているからです。
これからは、Yさんとこの赤ちゃんの魂との間で、
最善を選ばれるだろうと信じています。

【仕事でなんか変な船で遠くに行くんだけど、
観光もしたいから少し早めのに乗る。】

妊娠はある意味、船旅かもしれません。
「母なる海」だからです。
しかし、Yさんはこの船旅に仕事と観光の両方を目的にしています。
そして「少し早めのに乗る」とあるので、
妊娠は思いの外早かったのでしょうか。

「親戚もいる」ので、
一族で集まる行事も予定のなかに入れているのかもしれません。
つまり、妊娠しても、
仕事も旅行も親戚付き合いもすべてこなせると思っているようです。

【船には温泉プールみたいのがあって入る時には変なルールがある。
なんかそのルールが嫌で温泉プールから上がろうとしてたら、】

この辺を具体的に説明できるかどうか分かりませんが、
全体的に温泉ブールなので子宮の状態と考えてみました。
Yさん自身が赤ちゃんになって羊水の状態を嫌がっているとも受け取れ、
又反対にYさん自身が子宮のいまの状態を、
最善とは受け取れないのかもしれません。

どちらにしてもYさんにとって、
妊娠は誰もが経験していることだから、
それほどむずかしいことではないと思っていることが原因のようです。

妊娠は人生で大切な出来事です。
それもYさんにとっては他に代えられない体験のようです。
あれもこれもとこなしながらできる質のものではないはずです。
Yさん独自の妊娠への関わり方があるはずです。
それを見つけて欲しい。
(注:夢がこうして妊娠への心構えを伝えてくるには、
その夢主が独自の知恵をはたらかせるようにと伝えています。)

だから実際に、
「時計が落ちて割れていたり、花びんが割れていたり」するのは、
気付いて欲しいと、赤ちゃんの思いが形になったのかもしれません。

つわりがきつくなるかもしれませんね。
その方が良いのかもしれないと思っています。
何もかも一遍にやり通せると頑張るより、
Yさんにとって妊娠は何かを今一度考え直し、
優先順位をしっかり付けて、
ゆったり妊娠を楽しむようにと夢は云っているようです。

追記に、
「15分は出ちゃいけないルールがあって」というのがありましたが、
この15分はとても面白い数字です。
一生を80年と考えて、
これを1日24時間に換算すると、
20分が1年になります。
従って15分は10ヶ月ほどになり、
妊娠期間に重なるように思いました。

坂内慶子

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ハート(トランプ)2日目の夢(夢本体は【 】でくくっています)

・・・ 夕べも夢をみました。
あまりに立て続けに夢をみるので、眠るのが怖いくらいです。

【ぼんやりだけど、
赤ちゃんが産まれたあとなんだけど赤ちゃんがなかなか待っててもこない。
なんかあったのかなと心配しているところにやっとくる。
何もなくてちょっと休憩してたと運んできた人が言う。
家族も病院に泊まってる様子。
なぜか家族は大部屋に泊まってて私は個室。
他の患者さんもそんな感じで変な病院。】

ハート(トランプ)2日目の夢に返信

前回の夢は、気が進まないかもしれないけれど、
妊娠を受け入れて、
生活の工夫をしてと赤ちゃんが云ってきたと思えませんか。

「ねぇ、ママ。嫌(たいへん)だろうけれど、
この船旅(妊娠)を楽しんで、わたしを生んでくれない?」

そんな風に台詞を考えてみました。
今回の、

【赤ちゃんが産まれたあとなんだけど】

は、すでにYさんを母親と選んでくれている魂がしっかりいるという知らせですね。
そしてその子が思い描く未来を見せてくれたようです。
これは母親にいま選択することで未来は創れるという提案なのでしょう。

【赤ちゃんがなかなか待ってもこない。
なんかあったのかなと心配しているところにやっとくる。
何もなくてちょっと休憩してたと運んできた人が言う。】

余計な心配をしないようにと云ういましめ?

【家族も病院に泊まってる様子。
なぜか家族は大部屋に泊まってて私は個室。】

恐らくここがYさんが考える必要のあるところなのだと思います。
夫と妊娠をどのように取り組むか?
親戚家族の助けは充分に得られるでしょう。
そこに安住せず、
それを励みに、
ふたりで乗り切るには、
妊娠している女性の側の男性への深い配慮が必要なのだと思います。
男性は妻の状態を正確にはイメージできないでしょう。
だから妊娠中の不自由を理解してもらうために、
妻からの相応の配慮が必要かなと思いました。
夫という表現が無かったので。
夢は常套手段として、
妊娠の当事者である夫を登場させずに、
敢えて考える必要があるように促します。

「眠るのが怖い」と云わずに、
赤ちゃんの方からの通信を受け入れて欲しいと思います。
こうしてまだ見ぬ子と、
意思疎通ができたことをよろこび、
子の魂に向けてYさんの思いを伝えるなら、
今後は必要なときだけ、
夢に現れてくれるでしょう。

何せ慣れない船旅、
慎重には慎重に過されますように。

坂内慶子

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ハート(トランプ)3日目の夢(夢本体は【 】でくくっています)

最初は頭で理解しようとしたので、
よく分からない感じでしたが、
とにかく赤ちゃんがわたしに話しかけてきたんだと受け取り、
夫にメールをみせました。
夫は、毎晩12時過ぎの帰宅。
かなり忙しく、しかも真面目で、
飲めないのに、付き合いで酒を飲んで帰ります。
そんな生活なのでいらいらします。
そんな夫にいただいたメールを見せたら、
何かおなかに話しかけてくれました。
こんな風にゆっくりと家族になっていくのだと思います。
本当にありがとうございました。
また夢を見たので、教えて下さい。

【家からどこかに行こうとした時に殺し合いが始まる夢。
車を壁にどんどんぶつけ出して降りて向かい側の人と取っ組み合いして、
その後にお互いの車をロープにつけて引きずり合う。
怖いと思ってこそこそ逃げるんだけど、
少し手伝ってみたけどやっぱりこわいと思って逃げた。
引っ張ってる人たちがこれ余裕だなあと話してるすきに、
走って逃げるんだけど、
走ってると敵の人が走ってて、
油断してる人たちの反対側から車で突っ込もうとする。
車に待機した男性が私の知り合いみたい。
知ってる家があって逃げ込んだら、
おじいちゃんが愛犬に餌をあげてる。
叔母ちゃんの家みたいな感じで。
犬がいるのが意外な家なの。
おじいちゃんに「危ないから外に出ないで」と言うんだけど、
「大丈夫大丈夫」と言って出ようとするから、
とりあえず出ないでと言って、
あったことを話そうとするんだけど、
止めに行った方がいいのかなとか色々考えてたら目が覚めた。】

起きた時すごい力入っていたんです。
赤ちゃんもびっくりしたかもしれないからなでなでしてあげました。

その後しばらく目を瞑ると、

【人が死んでる?みたいな景色が出てきて、
(一瞬現実かと思った)】

ハート(トランプ)3日目の夢に返信

Yさん、
わたしが夢から受けた印象がそのまま伝わったようで、
それがうれしいです。

3日目の夢は全体的に、
これから赤ちゃんとの間で、
我の殺し合いが始まるでしょうということのようです。
夢を知らない方に取ってはきつい場面ですが、予知夢です。
心構えをしてねという。
これも赤ちゃんの意志に神さまの意志も入っているような。
どういうことかと言えば、
妊娠初期で不安定で当たり前。
いままで無かったものをお腹のなかに迎え入れて、
それを育てていかなくてはいけないお母さん。
お母さんの魂と赤ちゃんの魂はそれぞれ違うので、
胎児となってお腹に納まり、
妊娠期間を過ごせる子宮環境を整えるには、
お互い我の殺し合いという磨き合いが必要だと云うのです。

【車を壁にどんどんぶつけ出して降りて向かい側の人と取っ組み合いして、
その後にお互いの車をロープにつけて引きずり合う。】

この夢の場面は、つわりと想像してみました。
赤ちゃんも全力で子宮のなかに納まる努力をするでしょうが、
お母さんも赤ちゃんのためにと我慢を強いられるようです。

「知ってる家があって逃げ込んだらおじいちゃんが」からあとは、
安心するようにという夢でしょう。
夢が前半と後半でバランスを取ってくれたようです。
この場面を少し説明すると、
Yさんにはおじいちゃんや犬を気遣える余力があり、
いつもの自分でいられる安心感を得たはずです。
他の可能性としては、
どんなつわりや葛藤があっても、
おじいちゃんや犬を気遣えるように、
妊娠をやり抜けるだろうという予知の可能性も。

【人が死んでる?みたいな景色が出てきて、
(一瞬現実かと思った)】

は、そんなこんなで、
Yさんの不要になった側面を、
妊娠出産で葬り去ることができ、
成長に向けて再生のための死を迎えることができるでしょう、
と云うことのようです。

女性であるYさんは妊娠出産を通して、
一皮むけて成長すると云うことでしょうね。

この夢の順番で、
「起きた時すごい力入ってた。
赤ちゃんもびっくりしたかもしれないからなでなで」と、
夢を追体験し、
心と身体のバランスが取れたのだと思います。

この一連の3つの夢を通して、
赤ちゃんから、
1:10ヶ月の妊娠を受け入れ楽しんで欲しい。
2:父と母と多くの家族とでこの船旅(妊娠)を乗り切って欲しい。
3:妊娠初期は互いに居心地が悪い思いをするだろうけれど、
  神経質にはならないで欲しい。
と、お願い事項をまとめてみました。

生きていることは不思議いっぱいですが、
こうした妊娠初期の胎児からの知らせを、
夢から克明に受け取れるYさんの存在が、
神々しく思えます。

この夢を教えて下さって本当にありがとうございました。

坂内慶子

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
このやり取りは2月下旬のほんの一週間前のことです。
次々に送られてくる夢に、
あっけにとられ、
わくわくもしながら、
返事をしたためました。
いくらか冷静になって考えると、
Yさんの置かれた事情は、
いまの日本の縮図のように思え、
わたしたちひとりひとりが、
声を上げていく必要があることのように思います。
それで、記事にすることを承諾していただきました。

20代で妊娠した妊婦さんは、
自分も仕事をしながら、
企業戦士の妻として時間に余裕の無い生活を強いられています。
妊娠を余裕を持って楽しんで欲しい。
切なる願いです。

そんな現実がありながら、
わたしたちはいまアセンションを迎え、
心と心の交流が、
本来の機能を使える時代に移行しつつあります。
テレパシーが使えるということですが、
その一例となってくれたのが、
この妊婦さんではないでしょうか。

これから妊娠される方も、
現在妊娠中の方も、
赤ちゃんから夢を通して、
何らかの知らせがあるものと思います。
この人間社会に生まれてくる魂は、
ほんとうに生まれるチャンスを、
千載一遇の思いで捕まえるのですね。

そう思うと一層人生を大事に思えます。

posted by バンナイ at 19:07 | Comment(0) | 夢のメッセージの取り方
  • (c) Kazunori Keiko Bannai All Rights Reserved
  • Home